シューケアQ&A

日々皆様が感じている、靴のお手入れについての素朴な疑問をQ&A方式で解決します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムートンケア③


Q.ムートンブーツのお手入れ方法を教えてください!

A.今年の秋冬も間違いなく「流行」になる「ムートンブーツ」ですが、「ムートン」って何の革か
  ご存知ですか?

  「ムートン」は「羊」の革です。表革は「シープ」と呼ばれます。他にも「ラム革」と呼ばれる
   事も有りますね。

  上記の革全て含めた「羊革」の最大の特徴は「柔らかい」事です。
  
  その最大の特徴でも有り、魅力でも有る「柔らかい」事でどうしても毎年トラブルが御座います。

  トラブル①・・・シミになりやすい
  トラブル②・・・毛並みが有れたり、表面が乾燥して色褪せが起きる

  上記2点のトラブルです。

  その為、お手入れにも特徴が御座います。
  
  けして難しい事では無く、お手入れする道具だけ気を付ければどなたでも簡単に綺麗に
  お手入れ出来ます。

  お手入れ方法は以下の手順になります。

  1、「WOLYスプラッシュブラシ」でブラッシングします。「ワイヤーブラシ」や「生ゴムのブラシ」
    は毛を荒らす原因になります。柔らかくソフトな「WOLYスプラッシュブラシ」を使用する事で
    「ムートンブーツ」の特徴の「フワフワ」な毛並みを整えてくれます。

ムートンケア①



  2、「汚れ」が付いた時や「水シミ」などが付いた場合は「WOLYスエードクリーナー」を
    全体にスプレーし柔らかい布で擦り落として下さい。
    
    クリーナーは「液体タイプ」や「ムースタイプ」・「水洗い」等御座いますが何れも
    汚れは落ちますが、使用後に毛に成分が残り硬くなったり
    ゴワつき等の風合いを損ねる事が御座います。
    オススメする「WOLYスエードクリーナー」はアルコール主体のスプレータイプの為、
    使用しても揮発して余計な成分が残りません。(※ドライクリーニングの様なイメージです。)
    「フワフワ」な風合いを損なわない為にもオススメです。

  3、色褪せが起きた場合は「WOLYスエードリキッド」で補色します。

   「スプレータイプ」より「リキッドタイプ」の方がしっかり擦り込む事で
    根元まで染められ色の鮮やかさをより回復させます。

  4、最後に毛の1本1本をしっかり保湿させ撥水・防汚効果が得られる
    「WOLYスエードカラーフレッシュ スプレー ニュートラル(無色)」
   を全体にスプレーし整えて完成です。

ムートンケア②


  
   上記は有る程度履き込み、年月が経った場合のケア方法です。
   まだ新しい「ムートンブーツ」場合は①と④のケアを行って下さい。

   「ムートンブーツ」は非常にデリケートな素材です。
   決して難しいケアではないので、マメなメンテナンスを心掛けて下さいね。
  
  
スポンサーサイト
  1. 2014/08/25(月) 11:03:41|
  2. ムートンブーツ
  3. | トラックバック:0

Q.コードヴァンのお手入れ方法を教えてください。

A.コードヴァンは見た目がピカピカと艶やかな風合いが特徴的ですよね。
  ただ!実はコードヴァンの本当の姿は「起毛皮革」の様に毛羽立ちが有る
  革なんです。
  それではどうやってコードヴァンと言う革を作るのでしょうか?
コードヴァン20140806

  
  まず「馬のお尻」の革ですね。
  革をまずは削ります。
  そして削り込んでいくと繊維の密度が高く密集した部分が現れます。
  それを「コードヴァン層」と言います。
  
  その「コードヴァン層」は削って出していくので所謂「ヌバック」の様な状態です。
  そのヌバックの様な毛羽立った「コードヴァン層」を今度は油分やロウ分、染料などを
  流し込んでローラーのような物でプレス(圧縮)して潰しこんでいきます。

  この作業によって艶やかなコードヴァンが完成されるのです。

  要するに人工的に潰して加工された革なんですね。

  ここで、コードヴァンのお手入れになりますが、「潰し直す」事がお手入れに繋がる!って
  事を覚えておいて下さい。
  
  手順は以下になります。

  ①ホースブラシでブラッシング

  ②ステインリムーバーで表面の汚れや古いクリームを落とします。
   ここでポイント!ステインリムーバーを布に馴染ませた時に軽く布を揉み込み
   水分を減らしてあげましょう。このポイントを行う事で余計な水分がコードヴァンに
   染み込まないので「ムラ」や「黒ずみ」などを防ぎます。

  ③新しいコードヴァンには「クリームナチュラーレ ニュートラル」ペネトレイトブラシ
   適量取り全体に擦り込みます。
   
   ある程度履き込み、色ムラが気になる場合は「WOLY ワックスカラークラッシック5色展開」
   を付属のスポンジに適量取り統一して色を乗せる様に全体に馴染ませます。

  ④クリームを表面に乗せる様にホースブラシでゆっくりと馴染ませるように弱い力で
   ツヤが出るまで時間を掛けてブラッシングして下さい。

  ⑤履きシワ部分等の毛羽立ちが気になる場合は「アビィレザースティック」で圧を掛ける様に
   擦り潰します。
   この際、少し白く表面に跡が残りますが、ホースブラシで馴染ませると元の状態に戻ります。
   この作業を繰り返し行い毛羽立ちが落ち着いた事を確認後、「M.モゥブレィ ポリっシングコットン」
   でしっかりと馴染まなかったクリームを表面を潰す様に少し圧を掛けながら拭き取って下さい。

  ⑥最後に「油性ワックス」を全体に使用する事でもう1ランク上のツヤが出ます。

コードヴァンアップ



  上記が「コードヴァン」を綺麗に仕上げる方法になります。「潰す」「圧を掛ける」と言う
  表現が何度か出ていたと思いますが、冒頭でご説明した「潰し直す」と言う事が
  ご理解頂けたでしょうか?

  宝石の「ダイヤモンド」も原石を削り研磨し磨きこむ事であの美しい輝きが得られます。

  革の宝石と言われる「コードヴァン」もしかすると「ダイヤモンド」の様に作られる事から

  そう呼ばれてるのかもしれませんね。

●コードヴァンケアに必要なものが揃う!!●
R&D直営WEBショップ限定セット

コードヴァンお手入れセット


~コードヴァンお手入れセット~





  1. 2014/08/06(水) 09:54:02|
  2. コードヴァン
  3. | トラックバック:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。