シューケアQ&A

日々皆様が感じている、靴のお手入れについての素朴な疑問をQ&A方式で解決します!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Q、スエード靴に補色は出来ますか?

A、可能です!

起毛素材には油脂が含まれているため、それがコーティングとなって色抜けを防ぐ働きをしているのですが、
時間が経つと、どのような起毛素材でも色は抜けてきます。
普段のお手入れとして、この抜けた分の油分を補給するため、「WOLYスエードカラーフレッシュスプレー」をオススメしています。
それでも色抜けした場合、活躍するのが、「WOLYスエードカラーフレッシュリキッド」です。
スポンジが先に付いていて、スポンジを押すと同時に染料が出てきて、スポンジに染みこみます。
それを起毛素材に押し付けながら、あらゆる方向に伸ばしながら塗布して行きます。

①


一番の問題はどの色を塗布すれば良いかなのですが、「WOLYスエードカラーフレッシュリキッド」は全10色あります。
例えば、黒いスエード靴が色抜けしても、灰色にしかならない様に、起毛素材は完全に色が抜けるということは、めったに有りません。ですので、ベージュの靴に、ブラックやダークブラウンを使用しない限り、
同系統の色を選べば「WOLYスエードカラーフレッシュリキッド」の補色力より、元々の色が強く主張しますので、いきなり色が極端に替わってしまうことは有りません。
何回も塗布することで、少しずつ着色していく商品ですので、非常に安全に補色が出来ます。

革のコンディションが悪く乾燥していると、一度塗りで濃くなり過ぎ、思った通りの色に成らない場合もありますので、目立たない所で試してから使用しましょう。
その場合は「WOLYスエードカラーフレッシュスプレー」で油分を補給するだけで、色の発色が良くなりますので、まずは普段のお手入れが重要です。

②

③


ムラにならない様、「WOLYスエードカラーフレッシュリキッド」で全体を濡らす様に思い切って塗布しましょう。
色抜けの激しい部分と、そんなに色が抜けていない部分が出来るのが当たり前なのですが、
全体に塗布した後、色の薄い部分を重点的に塗布すると、色の差があまり出ない様に仕上がります。
起毛部分が汚れていたりすると、補色効果は当然落ちますので、その場合「Mモゥブレィ・スエードシャンプー」で洗うと、汚れや余分な油脂が両方落ちて、色が染まりやすくなります。
思い切って着色したい時は「Mモゥブレィ・スエードシャンプー」で丸洗いしてからがオススメです。

以前はスプレータイプもありましたが、コバ部分や履口部分に、マスキングが必要です。
同じ効果があるなら、扱いやすいスポンジタイプの方が、補色しやすいのです。

慣れてくると、例えば、ボルドーとネイビーブルーの重ね塗りで、パープル等の中間色も補色することも可能です。
色抜けしている起毛皮革の靴には、「WOLYスエードカラーフレッシュリキッド」を是非お試し下さい!











  1. 2012/09/27(木) 19:14:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://scqanda.blog.fc2.com/tb.php/5-973b6cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。